2015年4月14日火曜日

新年度!!!

2015年度PPRS始動!!!


 こんにちは、24期幹事長の渡辺有希乃です。

 遂に先週から2015年度のゼミが始まりました!
24期は四年生に進級し、25期の新メンバーが加わって、新たな雰囲気で活動が再開されています。
教室も住み慣れた(?)14号館を離れ、3号館903教室に引っ越しました。新しい3号館、政経のホームということもあり、嬉しいですね!!!

 先週のガイダンス後、一週間の準備期間を経て今日から実際の活動が始まりました。
 三年生は足立幸男先生の『公共政策学とは何か』をこれから3週間かけて輪読します。発表後のディスカッションにはコーディネーター制度が導入され、四年生も巻き込みながら興味深い議論が展開されました。
ディスカッショントピックには、
「本当に市民は公共政策を考えているのか?」
「一般学生が公共政策を考える(政策提案をする)ことは社会にとって本当に価値があるのか?」
といったものが並び、個人的には特に後者について考えさせられてしまいました。私は価値があると信じて、研究を頑張っていこうと思います(笑)
短い時間でしたので、話し足りなかった人もいたのではないでしょうか。次週も楽しいテーマが提案されることを期待したいと思います。

 四年生も卒論発表が再開し(焦)、それぞれの進捗が報告されています。就活や試験で忙しい人も多いですが、それぞれ少しでも研究が進められれば…と思っています。


 まだ手探りですが、新しいチャレンジも取り入れながら、2015年度のPPRSも充実した実りあるゼミにしていきたいと思います!!!
今年度のPPRSも宜しくお願いします!


4月14日 渡辺有希乃


0 件のコメント:

コメントを投稿