2013年10月20日日曜日

OB・OGとのつながり

こんにちは。23期の橋本麻由です。いろんなところで、2年生らしき人がゼミの話をしているのが聞こえてきて1年前を思い出します。私からは、OBOGとの繋がりについてとゼミ選びについて書きたいと思います(*^^*)

○OB・OGとのつながり

縣ゼミは今年で24年目となり、伝統あるゼミです。そのため、多くのOB・OGとのつながりがあるところが特徴です。

毎年、11月に行われるOB・OG会にはたくさんのOB・OGさんがいらっしゃいます。もちろん、選考を経て縣ゼミの一員となる2年生も参加できます!!去年私も参加したのですが、まず先輩方の多さに圧倒されたことを覚えています(笑)

そんな、私達の様子を察して縣先生が志望の就職先を聞いてくださり、その道の先輩のところへ連れていってくださいました。私は公務員志望なのですが、この会で何人かの公務員の方にお話しを伺うことが出来ました。公務員だけでなく、幅広い就職先に就職されているので皆さんの志望の職業についている方に出会えると思います。

ゼミに入ることが決まってすぐに、OB・OG会に参加できるゼミはまずないと思います。すごく刺激になりますよ♪OB・OGさんとのつながりは、この会だけにとどまりません。夏前には、20期の方と22期・23期の現役生で野球観戦に行きました。ゼミの時間外でも、交流があるほどつながりが強いというところも特徴です。研究内容ももちろんですが、先輩方とのつながりという点も重要だと思うので是非ゼミ選びの一つの指標にしてみてください(^^)


続いてゼミ選びについて書きたいと思います。すこしでも参考になればうれしいです(^^)


○ゼミを選んだ理由、ゼミ選びの際重視したこと、アドバイス

私のゼミ選びの基準は「自分の研究したいことが研究できる」という点です。

もともと卒論で研究したいことが決まっていたので、そのテーマにあったゼミ選びをしました。研究したい内容が公共政策であったので公共政策系のゼミということで絞っていきました。様々なスタイルのゼミの中でも、縣ゼミは自主自立という名のもと自由に研究テーマを設定できるということで、ココだ!!と思いこのゼミを選びました。

また、3.4年の合同ゼミで4年生との交流があることや、ゼミ内の仲がいいことも重視しました。ゼミの時間がツラいのはもったいないと思ったので、この点は重要かなと思います。また他の大学のゼミと合同ゼミがあることなどなかなか他のゼミでは経験できないことが出来るという点も選んだ理由の1つです。

ゼミ選びのポイントとしては、自分が一番重視したいこと、ゆずれないことを決めることだと思います。私の場合は、「卒論のテーマを自分で決められること」だったのですが、たとえば「しっかりと政治学を基本から学べること」や「遊びに行ったりできて仲がいいこと」とか「討論できるところ」といった具体的な軸を決めてみてください。

それから、オープンゼミに行って実際の雰囲気を感じたり、ゼミの内容を聞いたりすると決めやすいと思います。せっかく、2年間勉強するゼミなのでたくさんオープンゼミを回って、じっくり悩んで、自分に合ったゼミを選んでくださいね♪あ、ゼミ選びに気を取られすぎて書類提出忘れないように気を付けてください!!(笑) 11月に24期の皆さんに会えるのが今から楽しみです☆


23期OBOG担当
橋本麻由

0 件のコメント:

コメントを投稿