2012年9月13日木曜日

同立早三校合同ゼミ

 みなさん、こんにちは!3校合同ゼミ担当で22期副幹事長の串岡です。
今日はゼミの3年生(22期)が前期のグループ研究で目標としてきた、3校合同ゼミについて報告します。3校合同ゼミとは、同志社大学の風間ゼミと立命館大学の堀ゼミとの合同ゼミのことで、例年8月下旬に行われています。

 今年の3校合同ゼミは、8月25日に同志社大学新町キャンパスで行われ、22期の地方班・教育班・空港班・労働班の4つのグループが発表しました。各グループが15分程度の発表した後、ゼミ生からの質問、最後に各教授からフィードバックをいただくという形をとりました。風間ゼミからは5グループが、堀ゼミからは2グループが発表を行いました。風間ゼミは、特定の市に焦点を当て、その市の問題の解決策を提案するという興味深い発表を行っていました。堀ゼミは法学部のゼミなので、発表も「法」の視点から行っていて印象深かったです。


当日の司会は縣ゼミが担当しました!

 縣ゼミでは、5月にグループ研究のテーマとメンバーが決まった後は、ゼミ以外の時間も使用して各グループが熱心に研究に励んでいました。7月の早慶合同ゼミを経て、3校合同ゼミでは、どのグループもブラッシュアップした発表を行うこともできました。しかし、風間ゼミ生や堀ゼミ生からの質問や風間教授、堀教授からのフィードバックで更なる課題や新たな視点にも気付かされました。グループ研究としては、3校合同ゼミが区切りとなりますが、ゼミ生からは「今回の発表をふまえて、またさらにグループ研究をやりたい!」と意欲的な声がたくさん聞こえました。

 合同ゼミの後では、お楽しみの懇親会も行われました。発表の緊張感から解き放たれたのか3校のゼミ生同士がざっくばらんに語らいあう姿が多くみられました。お互いの研究の成果にふれられただけではなく、同じ大学生として親睦を深められたとても有意義な3校合同ゼミになりました。縣ゼミ生は、その翌日に京都観光を行い、しっかりと京都を満喫した後、帰路につきました。

合同ゼミ翌日はによる京都観光に行ってきました!

2012年9月
文:串岡(22期副幹事長)


0 件のコメント:

コメントを投稿